趣味にも最適!アロマスクールランキング

トップ > アロマスクール情報 > アロマ資格の合格率

アロマ資格の合格率

アロマテラピーインストラクターを目指す人が増えています。アロマ関係の仕事はいろんな方面で役立っています。医療現場やお店など、アロマを扱っている場所は沢山あります。
ちなにアロマテラピーインストラクターになるなら、アロマテラピー検定でアロマの基礎知識を習得しておくべきです。そのおかげでさまざまな場面で植物の香りを役立てることができるからです。
ちなみに資格の合格率は内容によって違いがでてきます。何故なら、資格は国家資格、民間資格、公的資格の3つに分かれます。
国家資格は国から発行される資格であり、民間資格は協会や団体から認定される資格になります。最後の公的資格は先の2つの資格の中間的な存在です。ただし、アロマテラピストの資格ははすべて民間資格だということです。

ちなみにアロマテラピー検定には2級と1級があります。どれも合格率は90パーセント程度というデータが出ています。つまり、多くの人が合格しているということになります。
なので、まずはアロマテラピー検定を受けるべきです。ただ、アロマテラピー検定以外にもアロマの資格があります。しかし、大抵のモノが専門の学校で講座などを受講すれば習得できるモノばかりです。なので、受講するだけなので合格率は100パーセントになります。
さらに環境カオリスタ検定もあります。これも公式テキストを購入し、読了します。そして、公式テキストに付属の試験問題(マークシート)を解けば合格します。

ただ、資格がなくてもアロマ関係の仕事につくことはできます。資格がなくてもアロマを仕事や家庭の中で扱うこともできます。その理由はあくまでも民間資格だからです。しかし、資格を持っているということでそこに信頼が生まれます。
さらに仕事で活用するのなら相手が安心することが出来ます。ちなみにアロマの資格は専門の学校に行くことで習得するだけでなく通信講座で家にいながら手に入れることができます。資格があれば仕事にすれば社会貢献活動としても活動の場が広がります。
おまけに家族や周りを笑顔にすることもできます。身近な方々へのリラクセーションなどに、アロマの知識を利用することもできます。芳香浴法や沐浴法、第三者に対していろいろと行うことができます。
それに手作りの化粧品を自分自身で作りだすことも可能です。それにアロマは健康や美容に役立てていく自然療法にもつながっています。そして、資格さえ持っていたら第三者にアロマの知識を伝授することができます。

次の記事へ

カテゴリー